不倫されていた場合

離婚について弁護士に相談する前に、まず確認しなくてはならないことがあります。それは、あなたご自身がどうしたいのか、です。弁護士はあくまでも「代理人」としてあなたと共に戦ってくれますが、あくまでもメインとなるのはあなた自身の意思です。離婚したいのか、それとも原状を回復して結婚生活を維持したいのか。もしそうした事に悩んでいるのでしたら、まずは周囲の知人や、離婚カウンセラーへ相談されることをおすすめします。

それでも意志が固くやはり離婚したい、という場合は弁護士へ相談しましょう。弁護士への相談する際、現在夫婦がどういう状態で、あなたがどうしたいのかを聞かれると思いますが、例としてまずは「相手側が不倫をしていたので離婚し、慰謝料が欲しい」というものを説明します。まずそもそも離婚できるのか、という点ですが当然出来ます。ただ、相手側が確実に不倫をしているという証拠がなければ難しくなってくるでしょう。

当人からすれば長く生活を共にしてきた事から怪しい、と勘づくことも出来るかと思いますが、第三者から見てもそれと分かるような根拠がなければ訴訟を起こした場合は難しくなってくるでしょう。ですが、証拠がないと言って諦めてはいけません。そうした場合は弁護士の方からどういったものが証拠として有効か教えてくれる筈ですので、そうした指示を聞き証拠を集めたり、場合によっては探偵を雇うという事も効果的でしょう。

このように相手側が不倫をしていた、という明らかな落ち度がある場合は証拠さえあれば離婚は容易くできます。ただし、証拠を掴めず、相手側がしらばっくれて離婚を拒否してくるなんて事もあり得るので、普段から何か怪しい素振りがあれば記録しておくことも重要です。勿論、結婚生活に問題が無いのであればそんなことしなくても良いのですが。