法的に正当な離婚理由

結婚生活に何らかの不都合があり、相手側とこのまま結婚生活を続けていくのが難しく離婚したい。けれど相手側はそれに同意してくれずに困っている。そういった場合においても弁護士は交渉等の手続きをしてくれます。

こうした場合、離婚には正当な事由さえあれば訴訟を起こして離婚することが可能です。正当な理由とは法律上の離婚原因なのですが、例えば前述した不倫などは最たるもので、不倫したと証明できる客観的証拠があれば確実に離婚できるでしょう。他にも正当な理由なく同居を拒んだり、共同生活にまるで協力しない、勤労意欲が欠如している、暴行・虐待等のDVが行われている、性的不能である事を隠し結婚した、または性生活を継続的に拒否するといったものです。少し悲しい理由としては、3年以上の生死不明であったり、強度の精神病に掛かり回復の見込みがない事等があります

こうした法律上正当とされる理由が相手側にあるのなら、離婚を拒否していたとしても弁護士による訴訟で離婚することが出来ます。その場合は財産の分与や、お子さんがいるのであれば養育費の調整なども行われる事となるので、弁護士に頼らなければならない事柄は数多くあります。結婚生活は長く続けられるのが一番ですが、その為に我慢をしすぎて精神が持たなくなってしまうのであれば、そんな我慢はする必要はありません。話し合いでも解決が望めないのでしたら迷わず弁護士に相談してみましょう。