新しいスタートの為に

離婚の手続きが進み、離婚それ自体には同意されたけれど財産の分与で揉めてしまって泥沼化している。よく聞く話ですが、大切な財産についての話し合いなのですから揉めるのも当然でしょう。離婚してからのお互いの生活をより良く始められるようにこうした話し合いは重要な意味を持ってきます。

財産の分与等についても弁護士に相談した方が上手く進む事柄は多いです。むしろこうした事こそ相談するべきだ、と言えるでしょう。財産分与には対象となる財産やその分け方などあり、養育費が発生する場合、収入とのバランスも重要になってきます。例えば善意で多くの養育費を渡すと約束した所で、結果生活が苦しくなり養育費を渡せなくなってしまうのであればそれでは意味がありません。少なすぎても片親で子の学費などの面倒を見なくてはならないのですから、今度は受け取る側の生活が破たんしてしまいます。そうならないためにも、多すぎず少なすぎずのバランスが大事であり、そうしたバランスを過去の事例などから正確に割り出してくれる弁護士の助言がとても重要になってくるのです

また、夫婦関係に重大な亀裂が走り離婚を余儀なくされた間柄では、相手の顔なんて見たくない、という人もいるでしょう。そうした場合であっても弁護士が代理人として動いてくれるので相手の顔を見るのは最低限の回数で済みます。

財産分与や養育費は離婚してからの新生活を円滑に進めるための重要な鍵になります。こうした事をしっかりと決める事で新たな生活を気持ちよく始める事が出来るのです。リスタートをより良く始める為にも弁護士と相談し、いい形で財産分与等を決めて行きたいものです。

〔関連リンク〕http://www.oharalaw.jp/accident/
離婚相談を行っている小原法律特許事務所です。